ストレス評価


ストレスは、人によって異なります。一般的には、過度な期待を受けている状態、プレッシャーや緊張を感じている状態、過剰で長期間にわたる外的な要求にかろうじて対処できている状態などがストレスとして認識されます。これらすべてに共通しているのは、感情的または精神的、あるいは心理学的な意味で、不合理だと思われる要求が突き付けられているという点です。この含意は医学的にも共通します。 つまり、抵抗しなければ疾患として跳ね返ってくる、行使された力です。

ストレス要因は、肉体、精神、それらの両方のいずれかから生じます。肉体的ストレスの原因は、不規則なライフスタイル、過剰な身体的負荷、環境毒性、タバコ/アルコール/麻薬、誤った食生活といったマイナス要因に長期間にわたってさらされることです。

精神的ストレスの場合は、不安感、否定的な感情、過度の精神的負荷、錯乱、社交での拒絶、家庭問題、倦怠、低い自己評価などの要因によって引き起こされます。

肉体的ストレスまたは精神的ストレスが生じると、自律神経系が調節を担う生理反応が起こります。この自律神経系 (ANS) は、ストレスに対する重要な防御であると同時に、ストレスの主要な兆候を初期段階で明らかにしてくれる系でもあります。自律神経系には、交感神経 (器官を活動させ、運動などの肉体的ストレスに対処する準備を整えます) および副交感神経 (体内の「維持管理」的なバックグラウンド機能を制御します) という 2 つの下位分類が存在し、それによって機能的に陰と陽のバランスを取ることができるようになっています。この両者のバランスは、外的および内的な要求に対する身体反応の指標と捉えることができます。

ストレス反応の研究を劇的に前進させたのは、バイオリズムの数理解析でした。 それらによって、自律神経系の仕組みについての理解が深まっていきました。VitalScan の目的は、ライフスタイルを健全化することでストレスの抑制を図りながら、ANS と身体のストレス反応をコントロールする方法を示すことによって、ストレス対処戦略の改善を促すことにあります。

ストレスが身体に直接及ぼす影響や、蓄積したストレスに対処するために身体が備えている能力について、現在ほど的確に評価や結論を下すことができる時代はありません。ストレスは、一時的ストレスと累積ストレスの 2 つに大別されます。一時的ストレスは、仕事中や睡眠中でさえも、日々の生活のなかで定期的に出現します。このストレスへの反応は肉体的および生理的な活力によって決定され、身体症状だけでなく、緊張や苛立ち、怒りをも表出させることがあります。この一時的ストレスが長期にわたって蓄積されると、累積ストレスとなって増大し、健康全般に影響を及ぼすようになります。

慢性ストレスが精神と肉体の両方に悪影響を及ぼす可能性があることは、科学界および医学界で広く認められている事実です。ストレスは毎日の生活や人付き合いのなかから不可避的に生じるものであるため、ストレス レベルを定量化し、身体に備わっているストレス抑制能力が損なわれたために病的状態に陥りやすくなっている人を特定することが重要になります。

ストレス/健康評価は、個人のストレス反応を明らかにし、早期介入によってストレス解消を図るための手段です。HRV 解析は、身体の機能不全や精神的な緊張による障害を客観的に把握し、以下の指標とするための手法です。

• 累積ストレスによって引き起こされる身体のアンバランス
• ストレスの自動調節能力
• ストレスに対する対応能力

この評価の結果は総合的に分析され、行動を起こすべきケースに関する、曖昧な部分が一切ない明確なレポートが生成されます。つまり、推測が事実へと変化し、それらに基づいてライフスタイルや作業活動、毎日の選択を迅速かつ効率的に調整することで、ストレスを効果的に撃退することが可能になります。

特長


• 身体に影響を及ぼすストレスについて、客観的に検査。
• ストレスを、肉体的ストレスおよび精神的ストレスに定量化。
• 心身の機能障害を効率的に診断し、治療の有効性をモニタリング。
• 機能上のあらゆる微細な変化を視覚化し、治療の方向性を側面から支援。
• 所定の測定プロセスを自動的に完了。
• 立位でも座位でも測定が簡単な非侵襲的手法。
• 患者から協力を得やすい工夫を追求。

肉体的ストレス


多くの人間が、ストレスとはメンタルなものであり、過度なプレッシャーおよび不安、心配が原因となって抑圧や緊張を感じている状態にあることだと思い込んでいます。しかし、ストレスという言葉には、恒常性 (生理的安定性) からのあらゆる肉体的および感情的、精神的、化学的、生化学的な逸脱が含意されています。肉体的ストレスは、労働、騒音、寒冷、疾患、運動などの肉体的ストレス要因に対して身体が反応した結果として生じます。喫煙、運動不足、過度の飲酒、睡眠不足といったその他のライフスタイル要因または社会的要因は、身体に大きなストレスを生じさせます。

肉体的累積ストレスとは、そのレベルや継続期間を含めた、総体的に見たストレス要因のことを指します。この累積ストレスは、健康パラメータ全体に大きな影響を及ぼすことがあります。自然に生じたかライフスタイルによってもたらされた交感神経および副交感神経の活動の変化から、患者の生理学的健康に関する情報を入手したり、患者が経験しているストレスや患者が備えている対応能力のレベルを把握することができます。

自律神経系 (ANS) は、ストレスに対する重要な防御であると同時に、ストレスの主要な兆候を初期段階で明らかにしてくれる系でもあります。HRV 解析の登場によって ANS 評価に革命がもたらされ、その理論的応用について新しい扉が開かれることとなりました。しかし、この重要な科学的発見を実用化するには、SNS と PNS の定量的相関関係を導き出す必要がありました。

ストレスの総量が身体の受容能力を上回ると、ストレスの兆候および症状が表出され始めます。肉体的ストレスの兆候としては、筋緊張、表在呼吸、高血圧、心拍亢進などがあります。 これらは、治療せずに放置した場合、心疾患、潰瘍、喘息、リューマチを含む複数の疾病の原因となる可能性があります。慢性ストレスは、生体化学反応に大きな変化をもたらします。

VitalScan 肉体的ストレス評価は、特定の期間に継続的に体内に蓄積された肉体的ストレスのレベルを明らかにします。肉体的ストレスのレベルは、有酸素期間の度数分布に関連付けられた HRV パラメータを主たる基盤として算出されます。患者は、把握したストレス レベルに基づいて自身のライフスタイルや社会活動を改善し、ストレスを緩和することができます。 また、これにより、健康リスクの抑制、症状全体の改善、予防の促進を図ることもできます。

VitalScan は、ストレスおよびストレス反応、ストレス対応能力を正確に測定することが可能なシステムです。VitalScan は、ストレスを緩和することでその悪影響を排除する治療法や、ストレス抵抗能力を高めるための療法の開発に役立ちます。

Physical Stress

精神的ストレス


精神的ストレスは、現代社会において大量に生み出される、大多数の人間にとって馴染みの深いストレスです。一般的には、過度な期待を受けている状態、プレッシャーや緊張を感じている状態、過剰で長期間にわたる外的な要求にかろうじて対処できている状態などが精神的ストレスとして認識されます。これら、またはこれらに類するすべての表現に共通しているのは、感情的または精神的、あるいは心理学的な意味で、不合理だと思われる要求が突き付けられているという点です。要するに、心理的・精神的ストレスとは、要求が対応能力を超えるような状況に直面したときに経験する、情動的・生理的な反応のことです。

精神的ストレスは、判断力低下から抑うつ気分に至る様々なレベルの行動的または認知的、情動的な症状を引き起こすことがあります。また、放置され蓄積された精神的ストレスによって、健康全般に悪影響が波及し、身体の対処能力が低下し、心身の健康を蝕む合併症のリスクが増大する場合があります。研究によって、精神的ストレスは疾病や疾患と密接な関係があることが示されています。恒常的な累積ストレスは、免疫系と精神的健康を損なうことで、疾患感受性を増大させ、身体の自然免疫能を減退させ、思考プロセスに影響を及ぼすことがあります。

日常生活における最大のストレス要因は、おそらく労働です。仕事の不安定さや失業の増大は、労働者のストレス症状や燃え尽き症候群を著しく悪化させます。この問題の主な原因は、情報技術革新について学習・習得しなければならないというプレッシャー、生産性要求の増大、人員削減の対象になるかもしれないという不安、業績を上げなければならないという圧力、雇用の先行き不安です。現在多くの経営者が、コストやリスクと職場のストレスの関連性について認識するようになってきています。職場のストレスには、保険契約条件が適用される (または適用されない) 常習的欠勤および生産性低下、訴訟の脅威などに基づく、人的および金銭的な損失が伴います。

職務ストレスの評価が難しいのは、職務ストレスに影響を及ぼす要因が多数あること (主観的/客観的なストレス要因、社会的支援による緩和効果の可能性、性格的要因、非職業的要因、身体的健康/人口動態学的基準のレベルなど) と関係があります。これらのすべての要因が重要なのですが、それらを定量化することやそれらが人間に及ぼす影響を測定することは非常に困難です。しかし、VitalScan システムによる HRV 測定では、これが可能です。VitalScan は、身体の主要な調節系に関する生理学的評価に基盤を置いているため、生理学的負担の指標を提供することができます。 また、さらに重要な特長として、効果的な対処能力の不足によって職務ストレスや燃え尽き症候群に脆弱性を示している人間を特定することができます。

VitalScan 精神的ストレス評価は、特定の期間に継続的に体内に蓄積された精神的ストレスのレベルを明らかにします。精神的ストレスのレベルは、ヒストグラムの度数分布に関連付けられた HRV パラメータを主たる基盤として算出されます。患者は (場合によってはその雇用者も)、把握したストレス レベルに基づいて自身のライフスタイルおよび社会活動、職場行動を改善し、ストレスを緩和することができます。 また、これにより、健康リスクの抑制、症状全体の改善、予防の促進を図ることもできます。

Mental Stress

機能年齢


老化は生体にあまねく生じる現象ですが、老化の速度は一様ではありません。実年齢が健康やフィットネス、効果的な対応能力の妥当な指標となることはほとんどありません。年齢をより的確に説明できる手段やその疾病への影響を正確に評価できる手法は、診断や治療にとって非常に有用です。

こうした要請から、年齢が生理学的および精神的、情緒的な健康の観点から再定義される (すなわち機能年齢という概念が導入される) こととなり、その結果高精度ですべての要素を含み込んだ計算結果が得られるようになりました。機能年齢とは、実年齢および性別が同一の他者と比較した場合の、機能フィットネス レベルのことです。

現代の医療哲学によれば、機能年齢を向上させることによって、危険な疾病の進行を妨げることが可能です。機能年齢に関する知見は、個人の能力と限界、心血管系の健康状態、危険な疾病の憎悪の可能性に関する重要な情報を提供します。

機能年齢は、交感神経と副交感神経という 2 つの自律神経系の平衡状態に基づいて評価されます。機能年齢の向上は交感神経活動が亢進した結果であり、その逆もまた成立します。VitalScan は、個人のデータを事前に設定した年齢グループに属する 5 万名を超える被験者のデータと比較することによって機能年齢を算出します。得られる値は、高い信頼性および正確性、関連性を示します。

増大した肉体的・精神的累積ストレスの危険性


ストレスは普段の生活のなかから生じるものですが、現代のライフスタイルおよび習慣、労働環境が生み出すプレッシャーがストレスに対する身体の生理的反応を激化させることがあります。治療せずに放置した慢性ストレスは、糖尿病、抑うつ症、偏頭痛、高血圧、腫瘍形成、胃潰瘍、心臓病変などを含む多数の身体疾患および行動疾患、精神疾患の発現・憎悪と関連があります。

累積ストレスと重篤な疾患 (癌、糖尿病、心臓病など) の間には有意な相関があることは数々の研究によって今も明らかにされ続けている事実であるため、このストレスの健康リスクを正確かつ頻繁に、また義務として評価する必要性がますます叫ばれるようになってきています。VitalScan 累積ストレス評価は、個人または集団に対する精度の高い検診手法として活用されることによって、こうした予防的健康管理のニーズに応えます。

累積ストレスの危険性には様々な種類がありますが、それらは一時的ストレスへの対処と管理が適切であれば予測可能であり、回避できるものです。VitalScan 評価を利用することで、一時的/累積ストレス レベルの正確な定量化と、その結果に基づいた治療が可能になります。ライフタイルの改善 (禁煙など)、感情管理 (アンガー マネジメント プログラムなど)、適度のリラックス (呼吸法など)、その他の介入は、健康全般の劇的な改善およびストレスの影響の緩和、関連疾患のリスクの抑制に役立つことがあります。

考慮すべき重要事項:


18 歳未満および 70 歳を超える個人の累積ストレス評価は、グループ内での相違点が多過ぎるため、また検査対象者の数が少ないために、正確性に欠けることがあります。こうしたケースでは、患者のストレス評価結果を過去に使用された数値データと比較します (セルフ コントロールの手段とするため)。たとえば小児の場合には、不規則になりがちな心拍の影響を考慮して、適合したアルゴリズムを使用する必要があります。

検査当日か検査前日にトランキライザーまたはβ遮断薬を服用した個人の場合、ストレス係数の値は正確に近似しても、最終的な結果とするだけの精度が得られないことがあります。薬剤は、ストレス検査アルゴリズムのいくつかのパラメータに重大な影響を及ぼします。

誰でも、累積ストレスの基礎値 (常在値) を持っています。この値は、ストレス生成要因によって短期的に (数時間または数日間といった期間で) 影響を受けることがあります。この影響を排除するために、検査を 2~3 日にわたって繰り返す必要があります。算出された個人のストレス値は、検査ごとに異なっていることもありますが、検査手順 (10 分の休憩と 9 分の検査) が指示どおりに実施されていれば、通常は一定の値に安定します。