冠動脈呼吸評価(CRA)(Coronary Artery Respiratory Assessment)


冠動脈疾患(CAD)が発生するのは血液を心臓に運ぶ血管がプラークの蓄積のために狭まり、硬化した時です(アテローム性動脈硬化)。この狭小により栄養分と酸素を豊富に含む血液の重要臓器への流れが悪くなり脳卒中、心臓発作、死亡の可能性がでます。実際、冠動脈疾患は成人のアメリカ人にとって死亡原因の第一位です。そのため、検出と治療の最重要課題です。

光電式容積脈波(PPG)波形には冠動脈疾患についての貴重な予後的価値が有ります。光電式容積脈波(PPG)振幅で測定された変動は冠動脈疾患(CAD)に直接関連し、リスクを的確に予測することが研究で報告されました。

光電式容積脈波(PPG)は非侵襲的で放射線を使用しないプラットフォームを使用して測定します。この専用の試験システムはMedeia 社が開発し、バイオセンサ指プローブを利用してデータを集計します。次に、患者は一連の一定した呼吸運動をするように指示されます。冠動脈呼吸応答(CRR)は指示された呼吸の間のPPG信号のスペクトル分析から導き出します。PPG信号は処理のために自動的に抽出および捕獲します。アルゴリズムと分析ソフトウェアを使用して測定値を計算し、重大な冠動脈疾患(S-CAD)についてのタイムリーで正確な診断を実施します。



冠動脈疾患(CAD)について(About Coronary Artery Disease)


冠動脈疾患は心臓疾患の最も一般的な形態です。この疾患状態はプラークが動脈の内壁に沿って蓄積した時に、発症します。プラークの蓄積で動脈が狭く硬化して、心臓への血流が低下します。これらの閉塞は身体のどこででも発生し得ますが、最も一般的な箇所はより大きな動脈(つまり冠動脈)です。

アメリカ疾病管理予防センターによれば、心臓疾患は男女を問わず死亡原因の第一位です。アメリカでは1700万を超す成人が冠動脈疾患に苦しんでおり、これによる医療サービスおよび薬剤での$5000億ドルを超す負担、低生産性等につながると予測さています。

冠動脈疾患の検査として最も広く使用されている非侵襲的な方法は、心電図記録法と血圧モニタリングを利用した心臓の負荷試験です。負荷試験は効果が高いのですが費用と時間がかかり、患者が大量の電離放射線に曝される場合があります。このため負荷試験は常に利用できるとは限らず、推奨される診断ツールでもありません。

冠動脈呼吸評価 CRA について(About Coronary Artery Respiratory Assessment)


呼吸数は収縮期血圧の変動における呼吸成分に影響を及ぼすことが研究で明らかになっています。最も影響力の大きい0.1Hzの呼吸数でPPG信号の呼吸調節効果が最大化すると想定できます。圧力、流量および波動伝搬(例えば心筋虚血)に影響を及ぼす疾患状態がPPG信号の変動を誘導することを研究者は発見しました。それゆえ冠動脈呼吸応答(CCR)は非侵襲的なパラメータであり、重大な冠動脈疾患の可能性を予測できます。これは0.1Hzでの一定の呼吸運動に応答するPPG信号の呼吸調節における相対的な変化を示します。

従って、重大な冠動脈疾患(S-CAD)の診断とそれに続く結論はVitalScanによって著しく前進しました。VitalScan冠動脈呼吸評価(CRA)を使用すれば心臓内科医は早期の冠動脈疾患を検出して治療、ライフスタイルの変更、および薬剤治療を処方できます。

VitalScan CRA検査は標準的な職場、病院または臨床の現場で容易に実施できます。測定値は患者と医療サービスの双方にとって低コストと低リスクで非侵襲的に得られます。測定値は信頼性と再現性を兼ね備えた測定結果になり、専門医は安全なオンライン・プラットフォームから利用できます。

方式の概要(Method Overview)


冠動脈疾患は心臓疾患の最も一般的な形態であり世界中の成人の死亡と障害の原因の第一位に挙げられます。早期の発見と診断によって治療の可能性が増します。光電式容積脈波(PPG)波形には冠動脈疾患についての貴重な予後的価値が有ります。PPG 信号は指先に装着したバイオセンサを介して得られます。PPG信号の変動は血液量の変化を表し、潅流の変動を示すことが出来ます。パルス波形は圧力波と、一定の呼吸運動によって生成された呼吸性洞性不整脈との組み合わせによって誘導されます。さらに得られた波形は動脈弾性と交感神経緊張により影響を受けます。

中心動脈の特性、末梢脈波分析からの血行動態パラメータ、および冠動脈疾患(CAD)の重症度の間に説得力のある相関関係の存在が研究で報告されています。末梢波形振幅(PWA)の不規則性はアテローム性動脈硬化の存在に関連し、将来の心血管イベントを予測する可能性が観測されています。

冠動脈疾患の検査に現在使用されている非侵襲的な検査は一般に時間と費用が掛かり、高性能ですが患者を過度の電離放射線にさらす恐れがあります。さらには、呼吸動作および課された循環検査を診断で使用することとなっています。VitalScan 冠動脈評価では非侵襲的で利用可能な技術を使用して信頼できる結果が得られます。

CRA所見はミュラー試験を使用した所見と一致します。ミュラー試験では、後負荷を増やす作用が左心室に加えられると仮定します。この方法では胸と肺の減圧につながる強制呼気の後に口と鼻を閉じた吸気の試みを含みます。CAD患者の場合は駆出率が健常者よりも著しく低いことを示唆する所見があります。

一定の呼吸運動を実行中の患者の場合、心血管系の生理学的な測定結果は、毎分6回の呼吸頻度の時にピーク効果がある呼吸同期性変動を示します。また、注目すべきことは、運動中の毎分0.1Hzの心拍変動の低下は急性心筋梗塞後の心血管系のイベントの強力な予測因子となります。さらに、0.25Hzの一定の呼吸レベルを用いた心電計で記録された心拍数のあらゆる面は、冠動脈疾患の血管造影法の重症度と有意な相関関係を示します。

VitalScanはこれらの検査のすべてから重要な要素を抽出して簡便で有効なプラットフォームに変換します。検査は0.1Hzのペースで 60秒の深呼吸運動をする間、非侵襲的に実行されます。この測定は光電式容積脈波(PPG)脈波(PW)を使用して重要な予後データを導き出す包括的で高度に革新的な検査です。

禁忌(Contraindications)


極めて正確である一方で、VitalScan冠動脈呼吸評価(CRA)は以下の因子によって影響を受ける場合があります:

• 任意のリードが1mm以上でのST-セグメント低下の安静時(仰臥位)ECG証拠、左脚ブロック、有意な不整脈
• 現在ジゴキシン療法を受けている
• 重度の心臓弁膜症に苦しんでいる
• CHF NYHAクラスIII/IV
• MIの既知の病歴(ST上昇または非ST上昇)
• PCIの以前の CABG
• ペースメーカーまたは洞性制御ICDの使用
• 肥満(BMI > 40)
• 検査結果に影響を及ぼす可能性がある別の調査研究への参加
• その他の重大な症状