ECG 分析


心電図記録法 (ECG) は、心電図検査中に患者から収集された心臓の電気的活動を経時的に記録する検査手法です。現代の ECG 機器には、増幅、フィルタリング、信号解析などの高度な技術が使用されており、それらによって ECG データの正確かつ簡便な測定および表示、分析が可能となっています。ECG は、心調律および心伝導系異常を解析し、心筋虚血を検出する場合、もっとも重要となる検査です。

期外収縮 (心拍が予想より早期に生じる) の可能性がある不整脈事象は、重篤な心臓事象が起こりうることを示す初期兆候です。上室性/心室性期外収縮と健康リスクの相関は、心筋梗塞の前触れとなることがあるため、重要です。この不整脈事象は、心筋虚血 (心筋線維への酸素供給が減少する症状) や別の種類の心筋症といった心臓問題を引き起こす可能性があることを警告している初期信号です。心筋症は心筋の疾患または障害であり、先天性欠陥、急性/慢性感染症、冠動脈疾患、麻薬/毒素、代謝異常、結合組織疾患、栄養障害などの様々な原因によって発症します。

ECG は、心臓弁膜症、心筋症、心膜炎、高血圧性疾患といった他の心臓異常の評価でも有用です。さらには、薬物療法のモニタリングや代謝障害の特定にも使用できます。

VitalScan は、データを収集・解析することによって心拍リズムや心拍異常を把握するための体系的・非侵襲的アプローチを提供します。VitalScan は、INC-AAMEC 57 の認定を受けた、心調律から異常や健康問題を判断することが可能な、信頼性と費用効果に優れた手法です。